TOP

憧れの高円寺のキャバクラで働く前に体験談で情報収集をしよう!

知ったキャバクラの仕事の大変さ

アタシは今まで高校も行かず中学を卒業してからは、地元の友達とかとずっと夜遊びしたり悪さしたりして、親に怒られることもしょっちゅうだったんです。でも、友達が少しずつバイト始めたり働き始めたりしてるのを見て、アタシもいい加減働かないと…って思いながらもなかなか自分に合う仕事が見つけられなくって、イライラしていたんです。そんな時に、夜遊び仲間だったうちの何人かは高円寺のキャバクラで働いてるって言うのを聞いて、アタシもキャバクラなら出来るかも!と思って早速キャバクラ求人を見て、行ってみました。キャバクラって、ただ酔っぱらいのおじさんの相手してるだけだし、経験のないアタシでも簡単そうだし、何より給料がいいからこれからいっぱい遊ぶお金稼げるな~なんて思っていたんです。でも、実際に高円寺のお店で働き始めてキャバクラで働くことの大変さを痛感しました。お客さんの話に相槌を打つタイミングや、タバコに火をつけて、灰皿の交換のタイミングとか色々気を使わなきゃいけないことが多くて、まだちょっとしか働いてないけど、働いた経験がない私はもう心が折れそうです。

キャバクラの税金問題を知ろう!

キャバクラや水商売、風俗業などで働いている人の税金に関して疑問に持っている人も多いと思います。実際「キャバクラ 税金」などのキーワードをネットで検索をすると、Yahoo知恵袋などで相談されている内容のものがずらーっと出てきます。では、キャバクラなどで働いている場合、税金を払わないといけないのでしょうか?答えは、「払う必要があります」です。キャバクラ一本であっても副業アルバイトであってもです。個人が支払う税金には、所得税と住民税の2つがあります。所得税に関してですが、きちんとしたお店であれば、源泉徴収した金額をお店側が納税してくれていると思います。また、確定申告をすることにより、税金の一部が戻ってくることもあります。住民税については、確定申告は住民税の申告も兼ねており、その年の所得に対して、住民税額が決められます。これら税金を払うことは義務となっています。所得の確定申告をしていなければ、すぐに税務署から調査が入るわけではありませんが、そのうち、市区町村が気づき、追徴課税をしてくることがよくあります。確定申告をせずに不安な日々を過ごすより、最初から払ってしまった方が気分的にも楽だと言えます。また、確定申告をしないと、家は借りられないし、車をローンで購入するなどに必要な書類(証明書)も発行されません。そりゃそうですよね。収入額がわからないのに、ローンが組めるはずがありません。過去、高額の収入のあるキャバ嬢が現金で車を買おうとした時に調査が入ったこともあるそうです。キャバクラや水商売をしている人からよく、「周りの仕事仲間は申告をしていないから問題ない」と言っていたなどと聞くことがあります。すぐにはバレなくても、3年後、5年後とあとで調査が入る可能性はとても高いです!みんなが大丈夫なら私も大丈夫…は通用しませんよ!確定申告の必要性がわかったところで、ちょっとしたアドバイスです。キャバクラや水商売で働いている人は、日々領収書を保管しておくと良いです。営業に関する領収書を保管しておくと、所得税計算上の必要経費となり得ますので、その分税金は減ります。確定申告は毎年の習慣にするようにしましょうね。少し怖いお話になりましたが、税金さえしっかりと払っておけばキャバクラは稼ぎたい女の子にとって魅力的なお仕事です!まずはハードルが低そうな高円寺のキャバクラで働いてみてはいかがでしょうか?